家計のゆとりを生みだすマネーコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたの町も「消滅可能性都市」!?

<<   作成日時 : 2014/07/06 19:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

近年、ニュースや新聞などで目にすることが多くなった「消滅可能性都市」という言葉。これは2010年に比べて2040年頃には、「20〜39歳の女性の人口」が、半分以下に減少する自治体とさしています。

出産適齢期とも言える20〜30代の女性が半数に減少するということは、同性代の男性も減少していることが予測されます。「消滅可能性都市」の数は、2040年にはなんと全国に1,800ある市区町村のうちの約半数にあたる896自治体に及ぶと推測されています。

画像
働く人が減少するということは、税金や社会保障を担う人が減るということとなり、地方の行政運営や社会保障費などの財政が厳しくなります。少子高齢化の流れは日本の人口構造上の問題であり、その克服は大きな課題です。

とりわけ国と企業が一体となった子育て環境の充実などの少子化対策や、市区町村役場などにおいてコンパクトな財政で運営可能な自治体組織への移行が急務です。

人口が増加する自治体や国は経済も活況となりやすいですが、逆に人口減少は経済成長のブレーキや重しとして作用することが考えられます。

日本のように人口が減少していく国は、世界でも数えるほどです。世界全体の人口は約30年前の1987年に50億人を超え、2013年には72億人となりました。2050年には90億人を超えると予測されており、第1次・第2次ベビーブームの時代の日本のようにさらなる経済成長を遂げていくことと思います。

人口の減少で長期的には縮小が予測される日本経済ですが、日本の主要企業などは生き残りとさらなる成長を目指して、成長を続ける世界に進出しています。

個人の家庭レベルにおいても、国内の預金や債券、株式、保険などだけで資産を守り育てていくだけではなく、成長する外国をも視野に入れた財産防衛や資産形成の必要性が否応なく高くなってきました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あなたの町も「消滅可能性都市」!? 家計のゆとりを生みだすマネーコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる