家計のゆとりを生みだすマネーコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 今は戦後3位の景気回復期!?

<<   作成日時 : 2017/05/02 22:33  

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今は確かに戦後3位の景気回復期です。とは言ってもそれは回復期間の長さの話です。景気の強さなどではありません。なかなか実感として感じとりにくいかもしれませんが、それでも今が景気回復の途中にあるのは事実のようです。

画像
2012年12月からの「アベノミクス景気」が5月で54ヶ月目となり、1990年前後のバブル景気を抜いて戦後3番目の長さになったとのことです。

戦後最長は2002年1月からの「いざなみ景気」69ヶ月、二番目が1965年からの「いざなぎ景気」57ヶ月です。今の景気は、もう少しでいざなぎ景気を超えて戦後2番目の長さになります。もし2020年の東京オリンピックまで続けば戦後最長になります。

戦後の主な景気拡大期の時期と名称を、並べてみると次のとおりです

●景気拡大開始 1954年11月 〜 景気拡大終了1957年6月 期間31ヶ月<神武景気>

●景気拡大開始 1958年 6月 〜 景気拡大終了1961年12月 期間42ヶ月<岩戸景気>

●景気拡大開始 1962年10月 〜 景気拡大終了1964年10月 期間24ヶ月<オリンピック景気>

●景気拡大開始 1965年10月 〜 景気拡大終了1970年 7月 期間57ヶ月<いざなぎ景気>

●景気拡大開始 1971年12月 〜 景気拡大終了1973年11月 期間23ヶ月<列島改造景気>

●景気拡大開始 1986年11月 〜 景気拡大終了1991年 2月 期間51ヶ月<バブル景気>

●景気拡大開始 1999年 1月 〜 景気拡大終了2000年11月 期間22ヶ月<ITバブル景気>

●景気拡大開始 2002年 1月 〜 景気拡大終了2007年11月 期間69ヶ月<いざなみ景気>

このうち、日本神話の神様や人(天皇さま)の名前を拝借しているのは、「神武」「岩戸」「いざなぎ」「いざなみ」景気。最後のいざなみ景気以外は、いずれも好景気で長く強い景気拡大期でした。

いざなみ景気による景気拡大が始まったと言われる2002年の日本は、バブル崩壊の余波が続くなか、リストラの嵐が吹き荒れ、メガバンクも破綻寸前で国有化され、上場企業の倒産件数も史上最悪を記録、就職率も史上最低の55.1%で就職氷河期の真っ只中。

翌年の2003年4月には日経平均株価もバブル後最安値となった7,607円88銭を記録しました。そんな最悪期から始まった景気回復は多くの人が実感できないまま2007年に終わりましたが、日経平均株価はちゃっかり18,262円まで上昇しました。その後はサブプライローン問題、さらにリーマンショックのダメージを大きく受け景気は下降していきました。

今回も緩やかな景気回復ですが、いつまで続くでしょうか?

この景気回復の恩恵を受けられる工夫は何かしてますか?


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
今は戦後3位の景気回復期!? 家計のゆとりを生みだすマネーコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる