家計のゆとりを生みだすマネーコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS お金の使い方の意識が変化

<<   作成日時 : 2018/06/13 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の1月にクラウドポート社が、20代から60代以降の男女600人に実施したアンケートで、
「2018年は2017年に比べて、どのようなお金の使い方をしたいか?」という問いかけに、85%の人が2017年とは違うお金の使い方をしたいと回答していました。その内容は順位で並べると次のとおりです。

1位 55.3% なるべく節約をする

2位 35.0% 貯蓄をする

3位 26.3% 必要なものには惜しまずお金を使う

4位 14.7% 投資・資産運用をする

この回答から感じられるのは、これまでのお金の使い方に何らかの課題を感じて変化を求める一方で、節約志向が高くとりあえず貯蓄をしようする傾向です。
画像

日々、お客様とライフプランやマネープランの相談をしている私から見ると、やや違和感を感じます。

きちんとライフプランや財産計画を立てている人は、むやみに節約したり、何となく貯蓄をするのではなく、適切な家計管理をして、計画に沿って目的達成に必要な貯蓄や資産形成をしています。
やはり、計画やその軸となるライフプランがあるとないとではお金の使い道も、意識の部分で大きく違ってくるのかなと感じます。

質問の中には「2018年、資産運用や投資にチェレンジしてみたいと思いますか?」という問いかけがあり、その回答は次のとおりでした。

1位 66.2% 思わない

2位 33.8% 思う

この点についても、とりあえずリスクは回避しておきたいと考えている人が多いのかなと感じます。

超低金利・少子高齢社会の日本で望む人生を実現していくには、預貯金や保険だけでは厳しい状況で、様々な金融商品の特性やリスクを理解しつつ、その対策を講じた上で計画立てた資産運用の取り組みが必須となっています。これは国が「貯蓄から資産形成へ」というスローガンを掲げていることにも合致します。

リスクがあるけど、何となくやってみようか、やめとこうかという次元のものではないんだけどなぁというのが、アンケート結果に対する率直な感想です。

さらに「投資をする場合、必要な情報はどこから入手しますか?」という問いについては

1位 50.0% インターネット上の投資、資産運用の専門WEBサイト

2位 35.2% インターネット上の口コミ

3位 30.5% 本

ちなみに証券会社と回答した人は18.5%、ファイナンシャルプランナーと答えた人はほとんどいませんでした。ネット上や書籍の中には知識を養う上で有益な情報や知識もありますが、様々な人に対して、そのやり方や考え方がフィットするとは思えません。

自分のことをしっかり思ってくれて、真摯にアドバイスや助言してくれる良き相談相手がいるのがベストな形だと私は思います。やはり人と人のつながりが一番大切ですね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
お金の使い方の意識が変化 家計のゆとりを生みだすマネーコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる